賃貸契約時の諸費用

賃貸で物件を借りる時の諸費用についてご案内します

家賃
入居する際には、初月分の家賃が前家賃として必要となります。
礼金
物件によっては、大家さんに家を貸してもらうことのお礼として、家賃の1〜2ヶ月分を差し上げる形で支払うケースが多くあります。
最近ではこの礼金がかからない場合もあります。
敷金
物件に大きな損傷を与えたり、退去時に畳を変えたりなど現状復帰に必要なリフォームなどに充てるお金です。家賃の1~2ヶ月分が預かり金としてかかります。
基本的に退去時のリフォーム後に余ったお金は返金されることになっていますが、原状回復の程度によっては戻りがない場合があります。
仲介手数料
仲介してくれた不動産業者に支払う手数料です。(別途消費税が必要)
多くの場合は家賃の1ヶ月分を求められます。
火災保険
古いアパートなどでは加入してないケースもあるようですが、集合住宅の場合は火災保険に加入するのが一般的で、掛金は契約者(入居者)が支払うことになっています。
鍵交換費用
近年では防犯の目的から賃貸住宅の入居者が変わる都度、鍵の交換が行われるのが一般的です。先住者の侵入を防ぐためです。新しい入居者が支払うケースや、新しい入居者の申し出が有った場合のみ鍵の交換が行われることもあるようです。
TOP